価格変動で儲かる投資商品

投資のメリットは?

コモディティとは、原油や金、穀物や畜産物などの商品のことです。

商品の需給関係により、商品価格は変動します。

これらの資産に投資しておけば、商品価格が値上がりしたときに売ると、
その差額分を利益として得ることができます。

世界的な人口増加を受けて、将来的には物価上昇傾向に・・・。
沿いしたインフレ時に強さを発揮する商品です。

株や債権とは異なる動きをするため、
ポートフォリオに組み入れることで、分散効果が図れます。

どんな商品があるのか?

個人がコモディティに投資する方法は、先物やコモディティファンドのほか、コモディティの値上がりで恩恵を受ける企業の株式に投資する方法があります。

コモディティファンドは、原油、金、大豆など複数の商品の数値を指数化した「コモディティ指数」に連動しています。

また、コモディティの中でも禁に限定して投資することも可能で、金地金、純金積み立てのほか、金ETFなどがあります。

現物のコモディティ エネルギー
原油、ガスなど
世界的な人口増加、
新興国の成長などで重要が増している。
穀物
大豆、小麦など
畜産物
牛肉、豚肉など
貴金属
金、銀など
米ドル安や物価上昇時の
代替え資産として投資資金が増える。

コモディティに投資するときに買える商品は以下の通りです。

コモディティ先物 金地金
コモディティファンド 純金積み立て
コモディティ関連企業の株式 金ETF

投資の注意点

コモディティに投資する場合は、コモディティ指数に連動するコモディティファンドがおすすめです。

商品構成の比率は投信によって異なりますので、バランスよく組み入れてファンドを選ぶ必要があります。

サブ資産として

コモディティの中で唯一、個人でも現物資産で持てるのが「金」です。発行元が破綻すると紙くずとなる株や債権とは異なり、価値がゼロにならない現物資産。

値動きが緩やかな特徴を持っています。

ただし、これらは持っているだけでは利益を生まない商品。
組み入れるなら投資資産の1割以内に抑えておくのが無難でしょう。