金利と為替でリターンを狙おう!

外貨投資のメリットは?

買ったときよりも円安で売って、為替差益で儲けるのが外貨投資のセオリーです。

世界の諸国に比べると、長年低金利が続いてきましたので、高金利の外貨へ投資することで為替差益と金利でダブルインカムの利益を出すことが可能でした。

近年は、リーマンショックなどの影響もあって、世界的な低金利のトレンドの中では金利収入が得にくい状況が続いています。

為替についても、円に対していずれの通貨も価値が下がっている、”円高状態”がここ数年の間続いてきました。

ただし、為替はたえず上下するもので、2013年には『アベノミクス効果』によって、長年続いた円高トレンドから、一気に円安方向にトレンドが変化しています。

2013年は、外貨で為替差益を狙える絶好のチャンスといえるでしょう。

商品の種類

主な外貨商品としては、外国債券外国株式、これらに投資する投資信託があります。

主に為替差益を狙って通貨に投資する商品としては、外貨預金、外貨MMF、FX(外国為替償金取引)などがあります。

通貨に投資 外貨預金 外貨ベースでは元本保証。
手数料は一般的に米ドルで2円程度と高めなのが難点。
外貨MMF 安全性が高い商品で、外貨預金よりも利回りが高く、
手数料も安い。
FX 証拠金を担保にして、実際の投資額の数十倍の取引を行う。
ポートフォリオ運用にはやや不向き。
その他 外国株式 個人で個別の外国株式を購入することは困難なため、
ファンドや海外EFTの利用がお勧め。
外国債券 現物債権のほか、外国債券ファンドや
ETFでも購入することができる。

不動産投資信託(REIT)では、上記分類のうち、マンションなど1ジャンルに特化したものや、分散投資した『総合型』などがあります。

投資のポイント

外貨投資のポイントは、流動性の高い主力通貨をメインに、複数に投資すること。 米ドルをベースに豪ドルを組み合わせるなど、1通貨に集中しないように配慮します。

高金利で有名な南アフリカランドやトルコリラなどの新興国通貨は、流動性が少なく、希望の価格(レート)で売れない可能性もあります。

したがって、外貨投資は先進国通貨を中心に行うのが無難といえます。

手数料に注意!

為替手数料は、円と外貨を交換するときの手数料のことです。

為替手数料が高いと、せっかくの為替差益分や利息分を相殺してしまうこともあります。少しでも為替差益を狙えるように、為替手数料にはこだわるべきでしょう。

比較的手数料が安く、ビギナーにも使い勝手がいいのは外貨MMFです。外貨MMFを積み立てて、金利が高くなったところで同じ通貨建ての外国債券に預けることも可能です。