特定商品への集中投資は避けましょう

  • 今人気がある資産なら上がり続ける可能性が高い
  • すでに価格が高騰していて高値で買ってしまう可能性も

人気のある資産を買えば利益が得られると思いがちですが、そうそううまくいかないのが投資の世界・・・。

2004年以降から2007年後半までは、海外REIT、新興国株式、コモディティといった商品が好調さを見せた時期もあります。

もし、これらの資産にタイミングよく投資していたら、大きな利益を得られたでしょう。しかし、人気があると誰もが認識するときには、すでに価格が高騰しているケースも多いでしょう。

そのタイミングで買ったとしたら、高値買いの危険が伴います。
価格が高騰すれば、利益を確定させるために売る人が増えます。
売る人が増えれば、今度は値下がりに転じます。

リターン率も高く、好調だった新興株式や海外REITが、翌年には一転して上位から姿を消すなど、入れ替わりが激しいことも明らかです。

高値で買ってしまうと、損する可能性が高くなってしまうのです。

危険な『集中投資』

値上がりを予測するのはとても難しいことです。
1度や2度の的中はあるかもしれませんが、百発百中で当てるのは無理です。

人気の後追いをして高値で買ったり、予想を頼りに一つの資産に集中投資してしまうと、大きな痛手を被ることにもなりかねません。

人気に惑わされて特定の資産に集中投資するのではなく、多くの資産に分散させて、資産全体で安定した値動きを目指すことが大切なことです。