アクティブファンドの効果的な運用方法

  • コストが低いインデックスファンドがベスト
  • コストが低ければ良い信託投資とは限らない

特定の指数に値動きが連動するインデックスファンド。
値動きのわかりやすさや低コストという面が魅力です。

対してアクティブファンドは、企業の成長などの調査・分析を基に銘柄を厳選することで、指数を上回る投資効果を目指します。インデックスファンドより高い運用成果が期待できますが、指数を下回るファンドも少なくありません。

そのため、低コストのインデックスファンドの方が合理的という考え方もありますが、
どちらを選ぶかは、投資先の状況を判断する必要があります。

日本株や新興国ファンドならアクティブファンドも

日本は経済成長率が低いため、高成長銘柄を選択する必要性が高くなります。新興国は企業価値を正しく評価されていない銘柄が多く、銘柄を厳選することで高いリターンを得るチャンスが多くなります。

市場が回復に向かう時期は、銘柄によって株価が回復するスピードに差があるため、銘柄を厳選した方が早い値上がりを期待しやすくなります。

したがって、投資先や時期に応じて投信を使い分けすることが必要です。

こんな場合はアクティブファンド運用が効果的!

投資先が日本 投資先が新興国
国全体としては成長率が低いので、インデックス運用では高成長銘柄の成長を、低成長銘柄が薄めてしまう。 市場が未成熟で正しく評価されていない銘柄も多いので、銘柄を厳選することで高いリターンを狙う。

市場との上手なつきあい方

  • 値下がりするのは運用が下手だからだ
  • 同じタイプのファンドや指数との差をチェック

ファンドはプロが運用しているのに、値下がりするのは運用が下手だから?
と思ってしまいがちですが、それは正しい投資信託の知識とはいえません。

たとえば、日本株に投資するファンドなら、日本株市場全体が大幅に下落したと時期には、基準価額も下がるのが一般的。市場全体の動きに逆らうのは困難です。

ファンドの優劣は、同じタイプのファンドや投資する市場の平均である代表的指数と比べてどうかという視点でチェックすることがポイント。

投資商品の成績をチェックしましょう

単純に値動きを見るのが『絶対評価』。
対して、基準価格と指数(ベンチマーク)を比べるのが『相対評価』です。

たとえば、TOPIXが20%値下がりした際、ファンドが10%値下がりなら、値下がりしているので絶対評価ではマイナスですが、指数よりも値下がりが抑えられていますので、相対評価ではプラス、ということになります。

相対評価がプラスであれば、運用が下手という判断にはなりません。
絶対評価だけで判断せずに、相対評価がプラスなら平均点以上と考えるべきです。

投資信託はプロに任せて運用するとはいっても、値下がりのリスクはつきものです。
どんなときに値下がりするかを正しく認識しておきましょう。